子犬のワクチン接種 〜犬の病気と健康大辞典〜

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードの新タイプ登場!フィラリア(犬糸状虫症)予防効果も加わった改良版。食べさせやすいおやつタイプで、アフォキソラネ&とミルベマイシンオキシムを配合したメリアル社のネクスガードスペクトラ。

子犬のワクチン接種の時期

ワクチン接種,子犬,犬,病気,愛犬家,動物病院

子犬を飼い始めて初めての動物病院へ行くきっかけとなるのがワクチン接種となります。
ペットショップやブリーダーさんから、最初のワクチンの時期を聞いていると思いますので、2回目・3回目のワクチン接種に行く前に、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

 

ワクチン接種による抗体の生成は、母犬から譲り受けた免疫が高く残っている場合は、その免疫によって妨げられてしまいます。ですから、母親譲りの免疫がなくなるころを見計らって何回かのワクチン接種を行うことになります。
犬のかかりやすい病気を犬種別に見ていきましょう。

 

この時期は個々の子犬によっても異なりますし、また伝染病の感染の危険性も地域によって違います。

 

獣医師の先生に相談して、あなたの愛犬に最適なワクチネーションプログラムを選んでもらってください。
一般的に仔犬の場合、生後8週から9週目に入らないとワクチンを接種しても体内に残っている移行抗体がワクチンのウイルスを中和してしまい効力が期待できないと言われています。しかし最近では、本来なら十分な移行抗体があるとされている生後4週前後の仔犬でも、十分な移行抗体を持っていないこともあります。
 そのこともありできるだけ早いワクチン接種が、病気の早期予防のためにとても大切です。

 

3回パターン

生後7週目前後に1回目のワクチン接種。
その1ヶ月後に2回目のワクチン接種。
またその1ヶ月後に3回目のワクチン接種。

 

2回パターン

8週目に1回目のワクチン接種。
その1ケ月に2回目のワクチン接種。

 

通常この2つのパターンになるかと思います。
動物病院の先生のお考えに従う方がよろしいでしょう。

 

ワクチンによる免疫は一生続くものではありません。
毎年一回のワクチン接種を継続する事が必要です。

 

6歳の女の子が出来た犬のしつけ本・飼い方マニュアル

犬のワクチンの種類

ワクチンには、5種混合ワクチン〜9種混合ワクチンまで種類があり、ペットホテルやドッグランの利用規約には、5種以上のワクチン接種を行っている事が多いです。
特に注意が必要な子犬の時期は、信頼できる先生と出会う機会も少ないと思いますが、ご近所の方やネットの評判を調べて、犬の事を考えてワクチンを選択してくださる動物病院に行きたいものです。

 

小型犬、特にミニチュアダックスはアレルギーを起こす事が多いので、気をつけなくてはいけません。
ワクチンの種類が多ければ良いというものでもないようです。
種類が多くなればそれだけ副作用(アレルギー反応)の起こる可能性も高くなりますので、犬の体調の良い時に、なるべく午前中にワクチン接種をする事をオススメします。

 

我が家のミニチュアダックスは、子犬の時には何でもなかったのですが、2歳の時にアレルギー反応が出てしまいました。1年目にはなんでもなかったので、夕方に動物病院に行ったので、深夜11時に先生の携帯にお電話をするハメになってしまいました。
ほっぺたがプーッツと膨らんで、とても痒いようで可愛そうでしたが、接種から3〜4時間ぐらいしてから出た症状だったので、先生も慌てなくて大丈夫と言ってくださり、次の朝まで様子を見ましたが、朝になったらなんでもなかったという経験があります。

 

犬の混合ワクチンの種類と予防できる病気を次に挙げておきます。

混合ワクチンの種類

ワクチン接種,子犬,犬,病気,愛犬家,動物病院

5種混合ワクチン
  1. ジステンバー
  2. 伝染性肝炎
  3. アデノウイルス2型感染症
  4. パラインフルエンザ
  5. パルボウイルス感染症
6種混合ワクチン
  1. ジステンバー
  2. 伝染性肝炎
  3. アデノウイルス2型感染症
  4. パラインフルエンザ
  5. パルボウイルス感染症
  6. コロナウイルス感染症
7種混合ワクチン
  1. ジステンバー
  2. 伝染性肝炎
  3. アデノウイルス2型感染症
  4. パラインフルエンザ
  5. パルボウイルス感染症
  6. 犬レプトスピラ感染症

  7. イクテロヘモラジー
  8. カニコーラ
8種混合ワクチン
  1. ジステンバー
  2. 伝染性肝炎
  3. アデノウイルス2型感染症
  4. パラインフルエンザ
  5. パルボウイルス感染症
  6. 犬レプトスピラ感染症

  7. イクテロヘモラジー
  8. カニコーラ
  9. ヘブドマディス
9種混合ワクチン
  1. ジステンバー
  2. 伝染性肝炎
  3. アデノウイルス2型感染症
  4. パラインフルエンザ
  5. パルボウイルス感染症
  6. 犬レプトスピラ感染症

  7. イクテロヘモラジー
  8. カニコーラ
  9. ヘブドマディス
  10. コロナウイルス感染症

子犬のワクチン接種記事一覧

ジステンパー

ジステンパーの症状生後1歳未満の子犬に多い病気。ジステンパーに感染すると1週間以内に症状がでてくる。最初は食欲不振、熱で風邪と間違いやすい。これが2,3日続いて一旦熱が下がったりする。免疫力のある犬はここで治ることもあるが免疫力の弱い子犬や老犬は細菌などに二次感染を起こし症状がひどくなっていく。こう...

≫続きを読む

 

パルボウィルス

パルボウイルス 感染症の症状パルボウイルス感染症(パルボウイルス性腸炎)は、はげしい嘔吐に始まり、その後、激しく下痢(どろどろとした赤っぽい下痢)をする。症状としては2通りある。激しい嘔吐と下痢、重症時には血液の混じった便と悪臭があり脱水症状を起こしショック状態になる腸炎型パルボウィルス。さっきまで...

≫続きを読む

 

ケンネルコフ

ケンネルコフの症状ケンネルコフは乾いたせきがまず特徴的で、子犬の咳といえばこの病気の可能性が高いので病院での診察を勧める。運動や興奮時、気温が変化した時、ひどくなり発作的にせきをするため喉に何か詰まっているようなせきをする。症状が軽いうちは微熱があるだけで元気はあるが、幼犬、老犬、十分な免疫をもたな...

≫続きを読む

 

コロナウィルス

子犬の予防接種には1回目(2回目)は5種混合、3回目(2回目)は8種混合とする病院がほとんどですが、5種混合にはコロナウイルス腸炎は含まれていません。子犬のお散歩は、8種混合のワクチンを接種してからの方が安全と言えます。コロナウイルス 感染症の症状コロナウイルスに感染すると、急激に元気がなくなり食欲...

≫続きを読む

 

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎の症状子犬では、突然高熱や腹痛などの激しい症状が現れ、半日〜一日で死に至ることがある。肝臓などがおかされ、元気消失、腹痛、高熱、血便、触られるのを嫌がる、鼻水、食欲不振、下痢、嘔吐や扁桃腺のはれなどの症状がみられる。病気の回復期に目が白くにごることもある。犬伝染性肝炎の原因犬伝染性肝炎は...

≫続きを読む

 

犬レプトスピラ

犬レプトスピラはズーノーシスと言われる人畜共通伝染病です。犬レプトスピラには200種類以上もの菌がありますが、日本で確認されているのは9種類で。7種混合ワクチンではそのうちの2種類、イクテロヘモラジーとカニコーラ、8種混合ワクチンではヘブドマティスが加わり予防対象となります。犬レプトスピラ症の症状犬...

≫続きを読む

 

狂犬病

狂犬病の症状狂犬病は、この病気を発症している犬にかまれてから、2?6週間の潜伏期間をへて発症する。狂犬病の症状は最初は食欲不振や暗い場所へ隠れるなどの行動異常だが、のちには2つに分かれる。ひとつは、よだれをダラダラ流し、凶暴になり興奮が続いて死亡する狂躁型、もう一つは筋肉のまひが続き、昏睡となり死亡...

≫続きを読む

 

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード


ページビューランキング