ジステンパー 〜 子犬のワクチン接種

ジステンパーについてい知っておこう

ジステンパー,犬,病気,愛犬家,動物病院

ジステンパーの症状

生後1歳未満の子犬に多い病気。ジステンパーに感染すると1週間以内に症状がでてくる。最初は食欲不振、熱で風邪と間違いやすい。これが2,3日続いて一旦熱が下がったりする。免疫力のある犬はここで治ることもあるが免疫力の弱い子犬や老犬は細菌などに二次感染を起こし症状がひどくなっていく。こうなると嘔吐、げり、てんかん、けいれん、凶暴化、まひ、その他感染していく場所によってさまざまな症状が現れ治療のすべがなくなり安楽死を考えなければいけなくなる。

 

ジステンパーの原因

 

ジステンパーウイルスに感染した犬から、くしゃみの空気を吸い込んだり、間接的に触ったりしても体内に侵入し臓器、脳、全身に広がる。

 

ジステンパーの対処方法

 

初期のうちに治療できるよう病院に入院する。二次感染しないよう症状にあわせて抗生物質やステロイド剤、ビタミン剤などを投与する。けいれん、まひがある場合も抗てんかん薬などを用いたりするが有効な治療はなかなかない。年1回のワクチン接種で予防することが重要である。

 

ジステンパーにかかりやすい犬種

 

生後1歳未満の子犬。
7種混合ワクチンの中に組み込まれているジステンパーウイルスワクチンで予防可能。

 

ジャーキーのこだわり

毎日口にする食べ物はできるだけ添加物を使用して欲しくありません。
愛犬の食べる物はなおさらそうですよね。体が小さい分、たとえ少量でも添加物の蓄積は気になるものです。


お留守番の時に大活躍のジャーキーも、国産のものを探していましたが、お店でも売り切れていたりけっこうしませんか?


ペルシーのジャーキーセットはまさに、こんな私のわがままな希望を叶えてくれるペットフード。
添加物を使用せず、国産原材料だけを使用しています。


そして、わたしが注目したのは、使用している国産原材料です。
ペルシーは人間が食べても安全なものを使っているんです。安全性への徹底したこだわりぶりには驚かされました。


早速注文することを決意。


注文したのは、ペルシー犬用ナチュラルジャーキーセット。

ただいつも心配なのは、愛犬が味を気に入るかということ。
ただし、今回安心だったのは、注文したペルシー犬用ナチュラルジャーキーセットには、5種のフレーバーがあることでした。


ジステンパー ワクチンに関する質問を探してみました

予防接種について

飼い犬の予防接種について、毎年、狂犬病とジステンパーの予防接種をしています。これらは毎年必ず接種しないといけないのでしょうか?ラブとチワワを飼っていて、両方室内で飼っていますが、チワワについてはほとんど屋外にだしていません....

ジステンパー ワクチンに関する質問はこちら

 

予防接種と狂犬病予防接種の間隔

先週、狂犬病の予防接種を終えました。5種の予防接種もそろそろ受けようと思っているのですが、狂犬病の予防接種とどの位間を置いてすればいいのでしょうか?動物病院には、忙しくて電話できないので、簡単な目安を....

ジステンパー ワクチンに関する質問はこちら

 

確認させてください

本日、生後3ヶ月のゴールデンのワクチンを接種しに行きました。本当は、狂犬病の予防接種のつもりでしたが、「狂犬病よりも混合ワクチンを先にした方が、散歩等もでき、犬のために良い」ということで、8種を接種しまし....

ジステンパー ワクチンに関する質問はこちら

 

犬のワクチン接種後のことで質問です。

今年の11月で5歳になるチワワです。毎年混合ワクチンを打っているのですが、今年は注射後の様子がちょっと違うみたいで・・・。午前中に『D9VU』(予防接種証明書には、 ジステンパー・肝炎・喉頭器官炎・コロナパラインフルエンザ・パルボ・レプトスピラ《カニコーラ・コペンハーゲニー・ヘプドマディス》 とかいてあります。)を打ったのですが、なんだか体が熱っぽくて、水を飲んでちょっとグッタリしています。

ジステンパー ワクチンに関する質問はこちら

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

試しに頼んでみました!袋を開けると香ばしいおいしそうな匂いがしてこれはいいフードの予感、私もカジってみるのが定番ですがこれは油の酸化した匂いもなく本当にいいものでした。ただ…うちには高すぎる…

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

ジステンパー関連エントリー

パルボウィルス
パルボウィルスについてい知っておきましょう。ワクチン接種の中でも特にパルボとジステンパーは特に予防しなければならないウイルスと言われています。
犬伝染性気管支炎(ケンネルコフ)
犬のワクチン接種に含まれているワクチンの種類を知っておきましょう。犬伝染性気管支炎(ケンネルコフ)を予防するワクチンについてのお話です。
犬レプトスピラ
犬のワクチン接種に含まれているワクチンの種類と働きを知っておきましょう。犬レプトスピラを予防するワクチンについてのお話です。
コロナウィルス
子犬のワクチン接種に含まれているものを知っておきましょう。ここではコロナウィルス感染症を予防するワクチンについてのお話です。
犬の細菌性腸炎
犬の細菌性腸炎に含まれているワクチンの種類と働きを知っておきましょう。犬レプトスピラを予防するワクチンについてのお話です。
狂犬病
狂犬病について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬のバベシア症
犬のバベシア症について解説しています。マダニを媒介に感染するバベシアという原虫によって引き起こされる感染症です。

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード