犬の骨・関節の病気〜犬の病気と健康大辞典

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードの新タイプ登場!フィラリア(犬糸状虫症)予防効果も加わった改良版。食べさせやすいおやつタイプで、アフォキソラネ&とミルベマイシンオキシムを配合したメリアル社のネクスガードスペクトラ。

犬の骨・関節の病気記事一覧

犬の股関節形成不全

犬の股関節形成不全の症状犬の股関節形成不全にかかると、腰を振るようにして歩く、足を痛がる、足を引きずる、元気がなく運動を嫌うなどの症状が現れる。そのほかに、走るときにうさぎ跳びのように後ろ足で同時に地面を蹴る、階段の昇り降りを嫌うなどの症状。このような症状は、早ければ生後4カ月頃から現れる。犬の股関...

≫続きを読む

 

犬の肘関節形成不全

犬の肘関節形成不全の症状肘関節(ちゅうかんせつ)形成不全の初期症状としては立ち上がって歩き出す際に歩き方がおかしいことから気が付く事が多いです。他に見られる症状には散歩を嫌がるようになる、散歩の途中で座り込む、前肢を上げて歩く、肘関節が腫れてくる、歩く際に頭が上下するなどが見られます。犬の肘関節形成...

≫続きを読む

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状椎間板ヘルニアが発生すると、神経麻痺や痛みによって、背骨を触ると痛がる、足を引きずる、ふらつく、段差の昇り降りを嫌がる、起立困難、元気がなくなるなどの症状が現れ、放っておくと、半身不随になる恐れがある。椎間板ヘルニアの原因椎間板ヘルニアは、跳んだり体をねじったりなどの激しい運動や...

≫続きを読む

 

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)

犬のレッグ・ペルテス病の症状レッグ・ペルテス病 (レッグ・パーセス病) は生後まもなく(生後6ヶ月?1歳)に発症することが多い。レッグペルテス病にかかると、後ろ足の血管の働きに異常が起こり、足を痛がる、歩くときに足を引きずるなどの症状が現れる。ほとんどの場合、片足だけに起こる。犬のレッグ・ペルテス病...

≫続きを読む

 

犬の膝蓋骨脱臼

犬の膝蓋骨脱臼の症状膝蓋骨脱臼が起こると、足を痛がって引きずるようになるほか、脱臼した足を浮かせるようにして歩くなどの症状が現れる。膝蓋骨が内側にずれる内方脱臼と、外側にずれる外方脱臼があり、一般的に症状によって4段階に分けられる。その中でも症状が脱臼よりも比較的軽い亜脱臼は、トイ・プードル、ポメラ...

≫続きを読む

 

前十字靭帯断裂

前十字靭帯断裂の症状ひざにある前十字靭帯(大腿骨とすねの骨をつなぐ靭帯)が切れて、ひざに体重がかけられなくなる。痛みで歩きづらそうに後ろ足を上げたり、引きずったり、地上にちょっとだけ足をつけて歩くようになる。急性のものであれば多くの場合、数日で元通り歩けるようになる。しかし、慢性化すると、とくに運動...

≫続きを読む

 

犬の関節リウマチ

犬の関節リウマチの症状犬の関節リウマチの初期症状は、朝起きた時に手足の関節がこわばることでうまく歩けないが、しばらくすると関節が動きやすくなって普通に歩けるようになります。このまま放置して病気が進行すると症状が悪化し激しい痛みをともなって関節が変形し最終的に歩けなくなってしまいます。犬の関節リウマチ...

≫続きを読む

 

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード


ページビューランキング