犬の甲状腺機能低下症 〜犬の病気と健康大辞典

犬の甲状腺機能低下症についてい知っておこう

犬,甲状腺機能低下症,病気

犬の甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能低下症にかかると、全般的に活力が失われ、元気がなくなる。そのほか、毛が抜ける、寒さに弱くなる、食欲や体重の増加などの症状や、悲しげな顔つきになり、名前を呼んでも反応が鈍い、目に覇気がない、毛ヅヤが悪い、フケが目立つなどの症状も見られる。また、お腹や尻尾の付け根あたりが黒ずんでくる。さらに症状がひどくなると、衰弱して死に至ることもある。

 

犬の甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症は、遺伝やストレスが原因となって、体の細胞を活発にする甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで発症する。また、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)などの、ほかの病気が引き金となることもある。
犬のホルモンの病気では最も多いもので、なかでも中年期(4?10歳)の中型・大型犬は甲状腺ホルモンの量が少なくなるためかかりやすくなる。

 

犬の甲状腺機能低下症の対処方法

甲状腺機能低下症の治療には、甲状腺ホルモン製剤の投与をおこなう。
甲状腺機能低下症の予防法はなく、早期発見・早期治療が大切。

 

犬の甲状腺機能低下症にかかりやすい犬種

ゴールデン・レトリーバー、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)、柴犬、シベリアン・ハスキーなどの中・大型犬

 


病院で処方されたお薬のみ

動物病院で甲状腺機能低下症と診断されて、同じお薬があった場合のみご利用ください。
大型犬などは、薬の量も半端ないのでかなり助かります。

レベンタ (Leventa) 【1本30ml】

レベンタは、犬の甲状腺機能低下症に伴う臨床症状の軽減に用いる薬です。有効成分のレボチロキシンナトリウムを含有しています。
レベンタに含有されている有効成分のレボチロキシンナトリウムは、甲状腺ホルモンです。甲状腺機能が低下して甲状腺ホルモンが不足している犬において、レベンタで不足している甲状腺ホルモンを補い新陳代謝を高めます。
レベンタの投与量は、体重や臨床症状によって異なりますので、必ず獣医師に指示された用量を投与してください。

犬,甲状腺機能低下症,病気

リオチロニン25mcg (Thyro3) 【アルファファーマ】【1箱30錠】

リオチロニンの有効成分であるリオチロニンナトリウムは、甲状腺ホルモンです。不足している甲状腺ホルモンを補い、新陳代謝を高める薬です。
T3製剤であるリオチロニンナトリウムは、T4製剤であるレボチロキシンよりも効果の発現と消失が早いのが特徴ですが、通常、レボチロキシンでの治療が優先されます。

犬,甲状腺機能低下症,病気

Levothyroxine100mcg100錠

Levothyroxineの有効成分であるレボチロキシンナトリウムは、甲状腺ホルモンです。不足している甲状腺ホルモンを補い、新陳代謝を高める薬です。
甲状腺ホルモンを補うことで、犬・猫の甲状腺機能低下症に伴う症状を改善します。

犬,甲状腺機能低下症,病気

チロキシン(製品名:チロノーム)50mcg【1本100錠】

チロノームは、甲状腺障害や手術で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
甲状腺ホルモンは、体内で細胞の新陳代謝の活発化、交感神経の刺激、成長や発達を促進する重要な働きをしています。甲状腺機能低下症により、甲状腺ホルモンを十分に作れなくなり不足すると、全身の代謝が低下していきます。その為、体全部の機能が低下し、さらに精神機能も悪化していきます。
このような状態になると、眠気や記憶障害、抑うつ、無気力などの症状が現れ、また皮膚の乾燥、脱毛、むくみ、便秘、体重増加、疲労感などの症状が現れることがあるようです。

犬,甲状腺機能低下症,病気

チロキシン(製品名:チロノーム)100mcg【1本100錠】

チロノーム100mcgはこちら

犬,甲状腺機能低下症,病気

チロキシン(製品名:チロノーム)150mcg【1本100錠】

チロノーム150mcgはこちら

犬,甲状腺機能低下症,病気

犬の甲状腺機能低下症に関する質問を探してみました

犬の甲状腺機能低下症について

我が家の犬(5歳避妊済み)が甲状腺機能低下症になってしまいました。T4検査とは費用はどのくらいかかるものでしょうか?またホルモン治療は一生続けていかないといけないものなのですか?副作用や使っていくうちに量が増えたりするものですか....

犬の甲状腺機能低下症に関する質問はこちら

 

甲状腺機能低下症

雑種の4歳の中型犬です。甲状腺機能低下症と診断され毎日薬を飲む事になりました。この病気の犬の飼育経験をお聞かせ下さい。....

犬の甲状腺機能低下症に関する質問はこちら

 

甲状腺機能亢進症

筋症の治療をしています。先日の心臓の検査(エコー・レントゲン・心電図等)から、甲状腺機能亢進症の疑いが強いという事で、明日再度心電図等を取り血液検査をする予定です。まだ、結果も出ていない状況ですが、甲状腺機能亢進症と....

犬の甲状腺機能低下症に関する質問はこちら

 

4歳の雄のミニピンです。2年前に、甲状腺機能低下症と診断されました。

症状は背中、しっぽ、おしりの脱毛、フケです。少し、毛が薄いなぁ。という感じです。今は毎日、チラーヂンという薬を飲んでいるので極端に悪くなる事はありませんが、このまま薬を飲み続けなければならないとの事なので、他に良い治療法などありましたら教えてください。

犬の甲状腺機能低下症に関する質問はこちら

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

試しに頼んでみました!袋を開けると香ばしいおいしそうな匂いがしてこれはいいフードの予感、私もカジってみるのが定番ですがこれは油の酸化した匂いもなく本当にいいものでした。ただ…うちには高すぎる…

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の甲状腺機能低下症関連エントリー

犬の糖尿病
犬の糖尿病について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の尿崩症
犬の尿崩症について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬のクッシング症候群
犬のクッシング症候群について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬のアジソン病
犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬のカルシウム代謝異常
犬のカルシウム代謝異常について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード