犬のホルモンの病気〜犬の病気と健康大辞典

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードの新タイプ登場!フィラリア(犬糸状虫症)予防効果も加わった改良版。食べさせやすいおやつタイプで、アフォキソラネ&とミルベマイシンオキシムを配合したメリアル社のネクスガードスペクトラ。

アトピカ

アトピカは、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や自己免疫症疾患の免疫抑制剤です。
アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。
アトピー性皮膚炎、肛門周囲瘻などに


本剤は要指示医薬品のため、獣医の許可または処方時のみに投与してください。

犬,糖尿病,尿崩症,クッシング症候群,病気

犬のホルモンの病気記事一覧

犬の糖尿病

犬の糖尿病の症状犬の糖尿病の症状として特徴的なのは水を大量に飲み、大量の尿を排泄する。体の衰弱。たくさん食べるのに、やせてくる場合は、注意が必要である。糖尿病の進行により、白内障、腎炎、抵抗力の低下を引き起こす。また、嘔吐、呼吸困難、脱水症状、ひどい場合は昏睡状態になることもある。犬の糖尿病の原因す...

≫続きを読む

 

犬の甲状腺機能低下症

犬の甲状腺機能低下症の症状甲状腺機能低下症にかかると、全般的に活力が失われ、元気がなくなる。そのほか、毛が抜ける、寒さに弱くなる、食欲や体重の増加などの症状や、悲しげな顔つきになり、名前を呼んでも反応が鈍い、目に覇気がない、毛ヅヤが悪い、フケが目立つなどの症状も見られる。また、お腹や尻尾の付け根あた...

≫続きを読む

 

犬の尿崩症

犬の尿崩症の症状異常な量の尿をする 水を大量に飲む。水を多量に飲むことによって、胃拡張になり、嘔吐などの症状があらわれることもある。犬の体重1Kgに対して1日100cc以上の水を飲むとき体重1Kgに対して、500ccの尿をする場合要注意。犬の尿崩症の原因抗利尿ホルモンがうまく働かない。体内の水分量に...

≫続きを読む

 

犬のクッシング症候群

犬のクッシング症候群の症状多飲多尿になる お腹がふくれ、垂れさがり脱毛症状が現れる。ホルモンの影響で脱毛する場合は、体の両側が左右対称に毛が抜ける。他には、筋肉が萎縮する、異常に食べるなどの症状が出る。甲状腺機能低下や糖尿病を併発する恐れもある。犬のクッシング症候群の原因副腎皮質ホルモンが過剰に分泌...

≫続きを読む

 

犬のアジソン病

犬のアジソン病の症状アジソン病の症状としては、元気がない、無関心、食欲不振、下痢、嘔吐、震え、体重の減少、水を大量に飲む、尿の量が増えるなどがあらわれる。症状が重い場合は、死に至ることもある。犬のアジソン病の原因犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)は、副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病...

≫続きを読む

 

犬のカルシウム代謝異常

犬のカルシウム代謝異常の症状上皮小体(副甲状腺)のはたらきが低下して上皮小体ホルモンの分泌が減ると、落ち着かなくなる、神経質になる、運動失調になる、ぐったりする、筋肉が震える、身震いする、骨が弱くなって骨折しやすくなる、全身性テタニー(筋肉が収縮したりけいれんしたしする病気)などの症状があらわれるこ...

≫続きを読む

 

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード


ページビューランキング