犬の皮膚の病気〜犬の病気と健康大辞典

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードの新タイプ登場!フィラリア(犬糸状虫症)予防効果も加わった改良版。食べさせやすいおやつタイプで、アフォキソラネ&とミルベマイシンオキシムを配合したメリアル社のネクスガードスペクトラ。

犬の皮膚の病気 腫瘍・ガン関連エントリー

犬,皮膚,病気,アカラス症,アレルギー

犬の皮膚ガン
皮膚ガンの典型的な症状は、皮膚にしこりができる。腺ガンの場合は、肛門のまわりや耳の中に発生する。扁平上皮ガンは、耳や鼻の先端部、つめの根元などにできる。肛門周囲腺腫では、肛門のまわりにニキビのようなブツブツができ、大きくなる。
縫合糸肉芽腫(糸アレルギー)
無菌性脂肪織炎、縫合糸反応性肉芽腫、化膿性肉芽腫といろいろな表現がある腫瘍ですが、糸アレルギーと呼ばれる状態から始まります。

犬の皮膚の病気記事一覧

犬のアレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎の症状犬のアレルギー性皮膚炎はかゆみが強く犬がひっかいたり噛んだりする為、皮膚が傷つき出血や潰瘍が出来たり、悪化すると脱毛したりもする。最初は皮膚炎の種類によって症状が出る部分も違うが進行とともにどの皮膚炎も全身に広がる。犬のアレルギー性皮膚炎の原因犬のアレルギー性皮膚炎は種類...

≫続きを読む

 

犬のツメダニ症

犬のツメダニ症の症状犬のツメダニ症の症状としては、ツメダニの寄生によってフケが重なり強いかゆみが出る。背中にそって毛が抜けることがよく見られる。子犬に感染した場合には重い症状になりやすく、激しいかゆみや脱毛、赤い発疹などが見られることもある。犬のツメダニ症の原因イヌツメダニが皮下に寄生し皮膚炎を起こ...

≫続きを読む

 

犬のかいせん症

犬のかいせん症(疥癬症)は犬の皮膚にダニの一種、イヌセンコウヒゼンダニ(疥癬)が寄生することで起こる皮膚病です。フケやはげしいかゆみをともなう皮膚炎をおこし、このヒゼンダニは、人間にも感染します。犬のかいせん症 の症状体の柔らかい耳や、おなかなどに発症する。激しいかゆみがありひっかいたり噛んだりする...

≫続きを読む

 

犬の皮膚真菌症

犬の皮膚真菌症の症状犬は皮膚真菌症になると円形状に毛が抜け、進行とともに全身に大きく広がる。かゆみはなく最初は顔や耳、頭から発症しのちに全身に現れてくる。特に免疫の弱い高齢犬は全身に広がりやすい。犬の皮膚真菌症の原因真菌とはカビのこと。感染している犬からや、空気中に飛ぶ真菌の胞子が付着することで感染...

≫続きを読む

 

犬の膿皮症

犬の膿皮症の症状膿皮症を発症すると、初期は皮膚の赤い小さな発疹(ブツブツ)が局所的にでき、かゆみを起こす。進行すると、患部が広がって黒くなり、腫れたり、膿を出したりする。強いかゆみのため、犬が舐めたり引っかいたりすることによって、脱毛がみられる場合もある。膿皮症は夏に発症しやすく、顔や腋、股や指の間...

≫続きを読む

 

犬の脂漏症(しろうしょう)

犬の脂漏症(しろうしょう)の症状皮脂の分泌が悪くなり乾燥し皮膚がカサカサになる乾性型と過剰な皮脂により皮膚がベタベタする脂性型がある。脂性型は外耳炎にかかりやすくなったりし耳、目、乳頭の周りによく起こる。両者ともフケが多く出て細菌の増殖によりにおいが臭くなる。犬の脂漏症(しろうしょう)の原因脂漏症は...

≫続きを読む

 

犬のアトピー

犬のアトピー の症状アトピー体質で現れる症状のひとつが、アトピー性皮膚炎。その多くはアレルギー反応が関与しているという捉え方が妥当。症状としては、強いかゆみ、患部を引っ掻くため脱毛、ただれ、皮膚が赤くなるなどの症状がある。アトピー体質の犬では、皮膚炎のほかに、喘息のような呼吸器症状や、ホルモンのアン...

≫続きを読む

 

犬のノミアレルギー

犬のノミアレルギーの症状犬のノミアレルギーの主な症状は、異常に毛が抜け、ひどく引っ掻いたり咬んだりする。ただれが一番多く見られるのは、尾の付け根、背中の後半部、腹部。ノミに咬まれた箇所を犬が自分で咬んだり、なめたり、引っかいたりすることによって、広い範囲の皮膚に損傷が生じることがある。犬のノミアレル...

≫続きを読む

 

犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

犬のアカラス症の症状犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)は生後4〜9ヶ月の子犬に多い病気で、口、目のまわりなどに赤みをおび脱毛する。徐々に脱毛が口や目のまわりから首へと広がり、ひどくなれば脱毛が四肢や胴など全身に広がる。さらに悪化すれば、膿皮症などの細菌感染によって全身の皮膚に化膿や出血などが起...

≫続きを読む

 

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード


ページビューランキング