犬の白内障〜犬の病気と健康大辞典

犬の白内障についてい知っておこう

犬,白内障,病気

白内障は人間でも老化現象の一つとして代表的な目の病気ですが、犬にも白内障があるんです。原因は老化がほとんどですが、水晶体(レンズ)が白くにごることによって、視力も低下します。犬は言葉が話せないので、なかなか気がつかないことが多いですが、病気の進行を遅らせるためには、飼い主さんがいち早く気がついてあげることがポイントとなります。

 

犬の白内障の症状

白内障は目の瞳孔の中が白く濁ってくる。濁りが進むとともに視力が低下し、よろけたり、何かにぶつかったり、物を見失ったりする。ただ白内障はゆっくり進行していくので、目の濁りがひどくならないと気付かない事もよくある。

 

犬の白内障の原因

白内障は目の水晶体の部分のたんぱく質に変化が起こり白く濁ってくる。老化により起こる事が多い。6歳未満で症状が表われた場合は糖尿病など内科的病気が原因であったり先天性のことが多く、6歳以上で徐々に進行した場合は老化によるものが多い。

 

犬の白内障の対処方法

治療は内科療法をおこなう。主に病気に進行を遅らせることを目的としており、白内障の症状がいちじるしく改善されることは少ない。
濁りがひどく進行していまった時は外科療法で水晶体の摘出手術を行う。その場合はものが見えにくくなり犬の生活でも飼い主のサポートが必要になったりもする。

 

犬の白内障にかかりやすい犬種

ゴールデン・レトリーバー、シェルティー、ダックス、ビーグル、プードル、老犬など。

 

C-NAC(Nーアセチルカルノシン)は白内障治療薬クララスティルと同成分の犬用の目薬です。
一般的に、目の病気は、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがあげられますが、白内障は加齢による老化現象が原因とされています。犬も人間と同様に加齢とともに老化が進んでいきます。また、白内障は目の水晶体が白く濁っていくことで視力が低下し、そのまま治療をせずに放っておくと失明するケースもあります。
主成分であるN-アセチルカルノシンは、アジアとくにおよびロシアで研究が盛んに行われており、白内障の治療に適していることが明らかにされています。

犬,白内障,病気

デルアイズ・トータルレッドネスリリーフ

結膜(白目)の充血を素早く除去する目薬です。
本剤はヒト用ですが、ペットの目薬「動物用・ドラマ」と同じ有効成分のナファゾリン塩酸塩を含有していますので、犬・猫にもお使いいただけます。
モデルアイズ・トータルレッドネスリリーフの有効成分であるナファゾリン塩酸塩は、血管平滑筋にある特定部位のα-アドレナリン受容体に直接作用することで、血管を収縮させ充血を除去します。
粘稠化剤であるグリセリンを配合しているモデルアイズ・トータルレッドネスリリーフは、薬効の持続性や眼内移行性をより高めているのが特徴です。犬・猫のうるおい溢れる白く透き通った瞳を取り戻します。

犬,白内障,病気


犬の白内障に関する質問を探してみました

犬の白内障

です。本当なら、目は見えていた方が彼にも良いはずです。そこで質問ですが、犬の白内障の治療とはどのようなことを行うのでしょうか。そして費用は?あまり高額で犬にも負担を伴うようならば治療はいたしませんが、薬で....

犬の白内障に関する質問はこちら

 

12歳の犬がどうも白内障になりかけているようなんですが・・・

ただ青っぽく見えたはずですから、白内障の始まりではと心配しています。食欲もあり、年齢の割には丈夫で元気だと思います。12歳と言えば、人間で言えば高齢だと思いますので、白内障になるのはやむを得ないのか....

犬の白内障に関する質問はこちら

 

犬の白内障は治りますか?

10歳の秋田犬が1年ほど前から視力が落ちてきました。獣医さんに相談したところなんでもないとのことで治療しませんでした。その後どんどん視力が落ちほとんど見えていないようです。光があたると白く濁っているので白内障だと思い....

犬の白内障に関する質問はこちら

馬刺し専門店が「馬肉ドッグフード」を開発!

試しに頼んでみました!袋を開けると香ばしいおいしそうな匂いがしてこれはいいフードの予感、私もカジってみるのが定番ですがこれは油の酸化した匂いもなく本当にいいものでした。ただ…うちには高すぎる…

抜け毛でお困りではないですか?

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」
本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。 フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬の白内障関連エントリー

犬の角膜炎
犬の角膜炎について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の角膜裂傷
犬の角膜裂傷について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の結膜炎
犬の結膜炎について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の眼瞼内反症
犬の眼瞼内反症(逆さまつげ)について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の眼瞼外反症
犬の眼瞼外反症について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の眼瞼炎
犬の眼瞼炎について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬のチェリーアイ
犬のチェリーアイ(瞬膜露出症)について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の流涙症(涙やけ)
犬の流涙症・涙やけについて解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の緑内障
犬の緑内障について解説しています。犬の病気と健康大辞典は愛犬家のための犬の病気に関する情報サイトです。
犬の進行性網膜萎縮
犬の進行性網膜萎縮(PRA)とは視力が徐々に低下して目が見えなくなる病気です。暗いところで物にぶつかるようになったらこの病気の可能性があります。

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

カナガンドッグフード