犬の目の病気〜犬の病気と健康大辞典

犬の目の病気記事一覧

犬の角膜炎

犬の角膜炎の症状角膜炎は黒目を覆っている膜である角膜に炎症が起こる事を言う。激しい目の痛みをともない、涙や目やにで目の周囲が汚れる。角膜の障害がが進行すると角膜が白く濁ってっるようになり、潰瘍ができることもある。角膜の表面が白濁して盛り上がり、血管新生が生じているときはかなり悪化した状態。犬の角膜炎...

≫続きを読む

 

犬の角膜裂傷

犬の角膜裂傷の症状犬の角膜裂傷とは、角膜の表面に傷がついた状態をいう。裂傷が浅い場合には、角膜炎角膜炎とよく似た症状。傷が深い場合、傷口がふさがりにくいため眼球の内容物が出てくる。犬の角膜裂傷の原因角膜裂傷の原因として多いのは犬同士の喧嘩、交通事故である。また、角膜炎や角膜潰瘍などの悪化が原因になる...

≫続きを読む

 

犬の結膜炎

犬の結膜炎の症状結膜に炎症が生じた状態で、犬の目の病気では、もっともよくみられるもの。目だけの疾患の場合と、全身性疾患の一症状としておこる場合とがある。涙や目やにが多くなり、かゆみも出てくるので目をこすったりひっかいたりする。その為目の周囲は、ぬれたり汚れたりする。まぶたを裏返すと赤く充血しやがてま...

≫続きを読む

 

犬の眼瞼内反症

犬の眼瞼内反症(逆さまつげ)の症状犬の眼瞼内反症(逆さまつげ)はまぶたが内側に巻き込んでるためまつ毛が目にあたり逆さまつげ状態になり、目やにや涙が増える。まつげの刺激から、犬が目をこすったりする事で刺激し、角膜炎、結膜炎にかかりやすくなる。犬の眼瞼内反症(逆さまつげ)の原因犬の眼瞼内反症(逆さまつげ...

≫続きを読む

 

犬の眼瞼外反症

犬の眼瞼外反症の症状まぶた(特に下まぶた)が外側にめくれた状態。この病気は、まぶたの内側の涙腺や結膜が常に空気にさらされるため乾燥し、細菌などにたいする抵抗力が弱くなる。まぶたがめくれている為、犬は目を気にし、目やにや涙が多くなる。目が露出しているので乾燥したり感染により結膜炎や角膜炎にかかりやすい...

≫続きを読む

 

犬の眼瞼炎

犬の眼瞼炎(がんけんえん)の症状犬の眼瞼炎(がんけんえん)の症状は、かゆみや痛みがあるためにまぶたをこすったり目をパチパチさせる。まぶたのまわりの皮膚炎が原因で、まぶたに炎症がおこった状態で、目の周りが脱毛し赤くはれる。炎症が進行すると湿疹ができて化膿することもある。放置すると慢性化し簡単にはな治ら...

≫続きを読む

 

犬のチェリーアイ

犬のチェリーアイ(瞬膜露出症)の症状両目の内側のまぶたと眼球の間に見える膜状の組織(瞬膜)が目頭から外に突出し、赤くはれる。常に目頭が不快で、目をこすり結膜炎や角膜炎を起こすことがある。犬のチェリーアイ(瞬膜露出症)の原因ほとんどが先天的な原因で、第三眼瞼と第三眼瞼腺との結合組織が先天的に欠けている...

≫続きを読む

 

犬の流涙症(涙やけ)

犬の流涙症(涙やけ)の症状犬の流涙症・涙やけにかかると、やたらと涙が出るので目頭が汚れ、目の周りの被毛が茶色に変色してしまう。涙とともにでる目やにが鼻の横を汚し、その部分に湿疹が発生することもある。犬の流涙症(涙やけ)の原因犬の流涙症は、涙が正常に流れるためにある目と鼻をつなぐ涙小管が狭かったり、つ...

≫続きを読む

 

犬の白内障

白内障は人間でも老化現象の一つとして代表的な目の病気ですが、犬にも白内障があるんです。原因は老化がほとんどですが、水晶体(レンズ)が白くにごることによって、視力も低下します。犬は言葉が話せないので、なかなか気がつかないことが多いですが、病気の進行を遅らせるためには、飼い主さんがいち早く気がついてあげ...

≫続きを読む

 

犬の緑内障

犬の緑内障の症状緑内障とは、眼房水がうまく排出されないために眼圧が高くなることにより、視神経に影響を及ぼし視野が狭くなる病気です。緑内障になると、目の色が緑や赤に変わるのが特徴。症状が進むと神経が圧迫されたりする為、視野が狭くなり視力の低下になる。その他目が痛くなり泣き叫ぶ場合や目の充血、眼球が大き...

≫続きを読む

 

犬の進行性網膜萎縮

犬の進行性網膜萎縮の症状進行性網膜萎縮の症状は少しずつ進行するので最初は気が付かない事もあります。暗くなって動きがぎこちなくなったり、階段を降りる時に以前と違う、やたらと物にぶつかるといったような症状が思い当たる時は、進行性網膜萎縮の可能性を考えましょう。犬の進行性網膜萎縮の原因進行性網膜萎縮は、遺...

≫続きを読む

 

抜け毛でお困りではないですか?

本来抜けるべき、あるいはすでに抜けている毛・・・つまりムダ毛だけを確実にキャッチします。
フワフワお部屋を抜け毛が飛んでいるなんてことのないように、むだ毛は早めに取り除いてあげましょう!

犬,白内障,緑内障,チェリーアイ,眼瞼内反症,病気

いぬのきもちでも紹介されたヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「フーリー」

犬の病気カテゴリ

ホリスティックケア通信講座

POCH


ページビューランキング